岩手の脱毛サロンのコンプライアンス事情

岩手の脱毛サロンのコンプライアンス事情

マグロ漁師のドキュメンタリーで、必ず最終日に大物が釣れるように、 
ドキュメンタリーはこういう捏造はしょうがないのです。 
大物が初日に釣れても、最後まで釣れなくても2時間番組が成立しないから。 
だからとにかく釣れるまで粘って(場合によっては完全なヤラセで用意することもある)、それが期限の最終日に釣れたように編集するわけです。 

私らの世代にはトンデモ発見で有名だった川口探検隊という番組がありましたが、これも現地までまずは行って、トンデモ発見のシーンを先に撮って、戻りながら行きの道中に見えるように撮影してたのだとか。 
密林の奥に行っては見たけど何もありませんでした、では番組にならないですからね。

そういえば某脱毛サロンでもねつ造というかコンプライアンスに反するようなことがありましたよね。今では会社名も変わって運営は大丈夫なようですが・・・。岩手の脱毛サロンではどうなんでしょうか。岩手は東京に比べてサロンの数も少ないのでそういった情報には敏感に反応してしまいます。